情熱と希望創生室

室 長
池田 和樹

情熱と希望創生室  室方針

 コロナ禍による社会変容は、地域社会や市民生活に多大な影響を及ぼし、依然として先の見えない厳しい状況が続いています。しかしながら、このような逆境の中でこそ、困難に立ち向かい、地域に変革を起こし、明るい未来を描くことのできる人財を育成する、その歩みを止めてはなりません。
 当室は、地域の未来を牽引する若きリーダーを輩出するために、会員それぞれが情熱をもって今この時代にJC運動を行なう意義とその魅力を伝え、一人でも多くの新たな仲間に活躍の機会を提供し、組織のさらなる活性化を図ります。また、子どもたちの様々な体験の機会が制限されている今こそ、地域のリーダーでもあるJAYCEEとして、地域の宝である子どもたちと共に新たな時代を生き抜くための多角的な力を身につけ、希望に満ち溢れた未来を描きます。
 時代の状況や変化にただ怯えるのではなく、まずは我々が柔軟な考えを持ってポジティブチェンジをし、心の内に情熱と希望を秘めた人財を育成します。そして、誰もが夢を叶えることができる明るい未来を創るために、不撓不屈の精神で専心します。

例会委員会 委員長
宮崎 伸孝

会員拡大委員会  委員会針

 会員拡大とは、このまちにかける想いを新たな仲間に伝播させ、ポジティブチェンジを促し、成長の機会を提供するJC運動そのものです。しかし、コロナ禍を含む社会要因により拡大運動が大きく阻害されています。このような時代だからこそ、我々は今、会員拡大に最大限の力を注ぎ、このまちの未来を担う人財を一人でも多く増やし、組織とまちに活力をもたらす必要があります。
 当委員会は、積極的かつ柔軟な会員拡大に挑戦する姿勢を前面に打ち出すことで、全会員の拡大への意識に火をつけます。その上で、一人ひとりが熱意を持ち対象者へ自らの言葉でJC運動の意義と魅力を伝え、心を震わせ共感を得ると共に、時代に則した組織の在り方を伝え、多種多様な新入会員を入会へと導きます。そして、新入会員へのサポートを継続的に行ない、未来のJAYCEEとしての気概を育むことで組織の活性化につなげます。
 全会員が同じ志のもと、長野青年会議所ひいては明るい豊かなまちの発展のために、情熱の火を絶やさず、積極的な拡大運動に粉骨砕身して尽力します。

青少年育成委員会 委員長
塚田 翠

青少年育成委員会  委員会針

 子どもの健全な成長の基礎となる自己肯定感は、人との交流の中で多様な体験をし、自分の存在を認めてもらうことで育ちます。しかし、日本の子どもたちは他国に比べ自己肯定感が低く、自分自身の可能性を狭めており、また、コロナ禍による社会変容で様々な活動の制限を受け、将来への夢を描くことが難しくなっています。未来を担う子どもたちが、ニューノーマル時代を生き抜くためには、自信と希望をもって生きる力を育成することが必要です。
 当委員会は、子どもたちが地域社会の中で感動体験や原体験を通じ、課題に挑戦しやり遂げることで自信をつける機会を創出します。そして、仲間と考えを伝え合い多様な価値観に触れ、他者の存在を受容し、自身もまた認められることにより、自己肯定感を醸成します。さらに、多くの経験から様々なことに興味を持ち、自ら将来の可能性を見出すことで、めまぐるしく変化する時代を生きるために必要な力を育成します。
 我々は、未来ある子どもたちが、将来の夢に向かって一歩を踏み出す一助となるよう、情熱と希望をもって邁進します。