LOMの魂想伝室

室 長
市川 太

LOMの魂想伝室  室方針

 長野青年会議所は、創始より明るい豊かなまちの実現のため、まちに根ざした運動を続けて参りました。我ら青年として、未来を見据えた運動を行なっていくことは極めて重要であると考えます。しかしながら近年、青年会議所運動への参加意義を見出せず、新たな見地との出会いを逃しているメンバーが多いと感じます。今こそ先達から紡いできた溢れんばかりのまちへの想い、仲間想いの「魂」を引継ぎ、能動者として行動することが必要です。
 例会はメンバーの英知の結集の場であり、守り継いでいかねばならない大切な伝統です。伝えたい想いを確実に届けることで、一人ひとりが自発的に参画する気概を育みます。また、永らく培ってきたひとづくりとまちづくりという不変の価値を磨き上げ、今ふたたび未来への起点となり、「時代のせいにしない」積極的に挑戦する人材と魅力溢れるまちを創造します。
 変革を求められる時代だからこそ、我らは時代を超えて承継すべき「LOMの魂」を想い伝えることで、新たな未来に向け果敢に挑みます。

例会委員会 委員長
宮崎 伸孝

例会委員会  委員会針

 例会は、各委員会がその情熱と英知を結集して作り上げ発信するものであり、運営者と参加者の双方に学びや気づきを与える極めて重要な機会であります。しかし、会員減少と例会構築の経験不足から、本来あるべき知的欲求を満たす場であることの伝承が滞り、例会への好奇心も減少しつつあります。
 そこで、当委員会はJC運動の根幹である例会の意義と役割を改めて学び、必要な基礎を固め全委員会と共有します。その上で、新たな見地の積み重ねと研究に基づく高度な例会を構築し、また全委員会がそのような例会を構築できるよう最大限の支援を行ないます。さらに、参加者側には事前に担当委員会の情熱を伝える工夫をし、仲間を応援する気概を持ちつつ「義務出席」を「チャンス」と思える肯定的変化を促し、出席意欲向上を実現します。
 我々は、例会構築段階から担当委員会に密着し、会員一人ひとりのまだ隠し隠されている個性と能力を思う存分発揮し、その英知の限りを尽くせるよう光を当て、会員相互の切磋琢磨でまちに推進力を与えるよう尽力します。

未来ビジョン委員会 委員長
窪 智敬

未来ビジョン委員会  委員会針

 全世界に流行拡大した新型コロナウイルス感染症が転機となり、社会の価値観に変化が生まれました。我々青年は変化に先駆けて順応すると同時に、潜在的にまちが抱える課題を可視化することで解決に向けて能動的に行動する必要があります。だからこそ、先達が描いた運動指針を礎として新しい価値観を意識したより具体性あるビジョンを描くことで、魅力溢れる未来につなげます。
 当委員会では、まず先輩諸賢の想いやLOMの魂とされるヤングブルーの精神を伝承するアカデミー事業を通じて、自発的に考える姿勢であるリーダーシップとオーナーシップの心を養います。その上で、互いに未来を語り合う機会を創出することにより当事者意識を高め、斬新な発想と夢や希望を込めた我がまちの未来を描きます。さらには、我々一人ひとりが未来を牽引する人財となることで青年会議所の存在意義を高め、我がまちの豊かな発展へ寄与して参ります。
 「心(しん)は力なり、我々の心と行動を重ね合わせて夢と希望が溢れる未来を創ろう。」