思いやりの心協動室

室 長
増子 桂介

思いやりの心協動室  室方針

 長野青年会議所は、その永い歴史において多くの運動を推進し、このまちに無くてはならない組織として存続してきました。しかし、物や情報が溢れる現代において人々の価値観は多様化し、我々の存在意義にも影響を与えています。
 長野青年会議所が誇る運動の歩みを今後も続けるためには、まず、異なる環境や価値観を超えて共に運動を推進する仲間に対し、思いやりの心を持つことが大切です。相互理解により組織の絆を強固なものとすることで、会員一人ひとりが主権者であることを自覚し、組織運営に対してさらに能動的に参加することにつなげます。また、長野青年会議所の看板を背負い勇気をもって全国各地で挑戦する仲間を支え、出向により得られた貴重な経験を昇華させた運動を広く発信し、市民の信頼と共感を生むことで、組織のブランド力を向上させます。
 信頼関係に裏打ちされた強固な組織基盤は、必ずや協力して運動を続ける仲間を力強く後押しします。我々がこのまちに必要とされる組織として未来永劫存続するために、確固たる覚悟で邁進します。

総務財務委員会 委員長
村田 雄介

総務財務委員会  委員会針

 長野青年会議所は地域を牽引するリーダーとして、まちの未来を切り拓くために運動を推進してきました。しかし、メンバーが持つ組織の一員たる当事者意識の希薄さから、まちづくり運動を推進する組織の維持が年々難しくなっています。
 当委員会は、一人ひとりが主権者であることを自覚し、権利を行使することこそがまちづくりの本質と考え、まず組織運営の根幹である総会や理事会の運営を円滑に行ない、熱い議論を全会員と共有することで、当事者意識の向上を図り権利行使を促します。また、各事業へ積極的な参画を示し、LOMの一体感を創出します。さらに、各委員会が想いを込めて構築した事業がまちづくり運動として高い効果を発揮するために、事業費の適正な運用管理を追求します。そして、まちの未来を担う若者に向けて、誰もが持つ権利を行使することで積極的な政治参加を促し、地域の未来を創る意識を高める運動を推進します。
 一人ひとりが能動的意志を持ち、各々の舞台で権利を行使し責任を果たすことで、明るい豊かな社会を築くためにヤングブルー精神で邁進します。

広報渉外委員会 委員長
山内 孝次

広報渉外委員会  委員会針

 長野青年会議所は、長年に亘り出向を通じて切磋琢磨し、その経験をLOMに還元することで組織を成長させてきました。一方、我々の運動は決してLOM内だけにとどまるものではなく、市民に信頼され、より多くの市民を巻き込み、JC運動を最大化させる必要があります。近年、青年会議所の存在や活動内容を知らない若者が増え、会員数も減少傾向にある中、我々が今後も幅広い視野に立ったまちづくりを行なっていくためには、広く市民の理解と共感を得られるよう、若者にも長野青年会議所ブランドを発信していかなければなりません。
 当委員会は、日々挑戦し続ける出向者に寄り添った支援をすると共に、出向で得た多くの貴重な経験、情報、楽しさをLOMに発信し、会員一人ひとりの出向に挑戦する意欲を促進することで、組織全体を一層成長させます。また、時代に即した広報を通じて次世代を担う若者をはじめ広く市民にJC運動の楽しさを発信し、長野青年会議所ブランドを浸透させることで、さらなるJC運動の展開につなげる基盤を作り上げる一年とすべく邁進します。